ものづくり補助金の3つの類型

ものづくり補助金の3つの類型

実際の申請にあたっては、補助対象事業をさらに細分化した3つの類型から最適なものを選んで申請することになります。
類型ごとに、補助の上限金額や補助対象となる経費などが異なります。
違いをよく理解したうえで、自社の事業計画に最適な類型を選び、申請しましょう。

A.一般型

新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発を支援。

補助上限額1000万円で、補助率は中小企業が総事業費の2分の1、小規模企業は3分の2となっています。

B.グローバル展開型

海外事業(海外拠点での活動を含む)の拡大・強化等を目的とした設備投資等の場合、補助上限額を引上げ。

補助上限額3000万円で、補助率は中小企業が総事業費の2分の1、小規模企業は3分の2となっています。

C.ビジネスモデル構築型

中小企業30者以上のビジネスモデル構築・事業計画策定のための面的支援プログラムを補助。(例:面的デジタル化支援、デザインキャンプ、ロボット導入FS等)

補助上限額は最大の1億円となり、補助率は定額となっています。

低感染リスク型ビジネス枠

上記の「A:一般型」の申請区分には、現在、新型コロナへの対応として「低感染リスク型ビジネス枠」という特別枠が設けられており、要件を満たす場合には通常の申請枠よりも優遇された支援を受ける事が可能です。

具体的には、補助率が2/3に引き上がることと、広告宣伝・販売促進費を補助対象になるメリットがあります。